【WEC】2013第6戦富士:可夢偉「この雨の中、来てくれた皆さんありがとうございました」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2013年のWEC富士。今シーズンは富士スピードウェイが母国凱旋レースの舞台となる小林可夢偉(AFコルセ)だったが、週末を通して不運に見舞われる結果となってしまった。

 まずは初日のフリー走行に燃料タンクのパーツが破損。予備が現地にないということもあり、予選の走行ができないというアクシデントに陥った。全くタイムが記録されていないため、全クラス含めての最後尾からスタートすることになった可夢偉/トニ・バイランダー組の71号車。なんとか決勝にはスペアパーツが間に合いグリッドにマシンを並べることが出来た。しかし、スタート直前から雨脚が急に強くなりセーフティカーでスタート。8周を終えたところで赤旗が出され中断に。その後も、15時35分まで再開と中断を繰り返しながら、レース続行が試みられたが、残念ながら16周終了時点でレース終了という決定が下された。結果的に全てセーフティカー先導による走行で終了という後味の悪い内容に。可夢偉組の71号車はクラス4位、総合21位だった。なおGTE-Proクラスはダレン・ターナー/ステファン・ミュッケ/フレデリック・マコヴィッキィ組の97号車アストンマーティンが優勝した。

 レース後、公式サイトで配信された動画インタビューで可夢偉は「残念ながら今日はレースが途中で中止になり、それまでも全部セーフティカー先導での走行でした。せっかく足を運んでくれた皆さんに本当に申し訳ないです。この天候だけは走れる状況ではなかったので、どうしようもなかった。まずは応援に来てくれた皆さん、雨の中ありがとうございました。残り2戦も頑張りますので、引き続き応援をよろしくお願いします。」とコメント。

 こういう形で母国GPが終わってしまい、きっと一番悔しいのは可夢偉本人だろう。ただ彼のコメントにも合った通り、天候ばかりはどうしようも出来ない。この鬱憤(うっぷん)は是非次回の上海ラウンドでクラス優勝という形で発散させてほしい。

『記事:吉田 知弘』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 毎年恒例となった、観戦席相関表(所要時間・距離・消費カロリー参考値)の2017年バージョン完成! …
  2. [table id=76 /]…
  3. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  4. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  5. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る