【F1】国内メディアが「可夢偉のF1復帰が決定!」と報じるも、有力情報はほとんどなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 今シーズンのF1復帰に向けて期待が集まる小林可夢偉の去就について、いくつかの国内メディアが20日、「可夢偉がケータハムと契約した」と報じている。

 この情報元は、イタリアのメディア「Autosprint」。そこで掲載されている記事によると可夢偉はすでにケータハム側との契約にサインを終え、F1復帰が決まったとのこと。ただ、それを裏付ける有力な情報は載っておらず、彼のこれまでのプロフィールを語るだけに留まっており、信ぴょう性は少し欠けるものとなっている。もちろんチーム側からの正式発表は現時点で行われておらず、先日FIAから発表された最新のエントリーリストでも、ケータハムの2枠は未定のままとなっている。

 気になる可夢偉本人は、公式Twitterで6日に「今週(6日〜12日)に今年の予定が決まるはず。」と発言し注目を集めた。その後、11日に「番号(F1のカーナンバー)選びに出遅れている事に気づいた。」と、ケータハムとの契約が合意に達したような事を示唆させるような発言があったが、詳細な情報は全く分からない状況。

 なお、ケータハムのドライバーズラインナップだが、新車「CT04」がお披露目される28日に発表されるのではないかと思われている。おそらく、すでにチーム内ではドライバーの選定・契約手続きはすでに終わっており、28日の発表に向けて水面下で準備が進められていると思われる。これまでの情報や国内外メディアの報道状況を加味すると、可夢偉のF1復帰の可能性は高いものであることは間違いないが、チームからの正式発表が全くない以上、まだ決まったと言い切れない。

 昨年末から吉報を待ち続けるファンにとっては、もどかしい日々が続いているかもしれないが。チームからの正式発表が出るまで、もう数日だけ辛抱しなければいけないようだ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る