【WEC】トヨタ、2014年はフルシーズン2台体制で参戦。ル・マン総合優勝を狙う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 トヨタは30日に行ったモータースポーツ活動体制発表会で今シーズンのWEC(世界耐久選手権)の参戦についても詳細を明らかにした。

 参戦3年目となる今季は新型車両「TS040 HYBRID」を投入予定。さらにシリーズ全戦を2台体制で戦うことも発表した。ドライバー体制は昨年のル・マン24時間と変わらず、7号車がアレックス・ブルツ、ニコラス・ラピエール、中嶋一貴。8号車はアンソニー・デビッドソン、ステファン・サラザン、セバスチャン・ブエミのラインナップでシリーズチャンピオンとル・マン24時間耐久レースの総合優勝を狙う。なお中嶋一貴は国内レース(SGT・SF)の日程が重なるため、全戦は出られないとの事だ。またテスト&リザーブドライバーにはアメリカ・インディカー・シリーズでの活躍しているマイク・コンウェイの起用も明らかになっている。

 昨シーズンは最終戦で8号車が優勝を飾るも、マシンを大幅改良して臨んだル・マンでは重要な場面で不運なアクシデントに見舞われ、2位表彰台に留まった。今シーズンはレギュレーション変更に伴い新型V8エンジンとモーター/ジェネレーターを前後に搭載した4輪回生の新ハイブリッドを導入。「打倒アウディ」を目指す。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…
  2. 2017-7-6

    【2017F1日本GP】7月9日(日)から西エリアチケット・金曜日券を販売開始

    鈴鹿サーキットは7月9日(日)10:00からF1日本グランプリ「西エリアチケット」および「金…
  3. 2017-6-27

    【2017F1日本GP】F1日本グランプリ まだまだ間に合う特設キャンプエリア予約受付中!

    F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…

最近の記事

  1. 今年もSUPER GTのGT500クラスに参戦するレクサス勢のドライバーによるファンイベント…
  2. 8月26・27日に鈴鹿サーキットで開催されるSUPER GT第6戦鈴鹿1000kmを前に、ス…
  3. [table id=72 /]…
  4. 毎年運行されるF1日本グランプリ直通バス(JR名古屋駅太閤通口~鈴鹿サーキット第9駐車場内 間)、サ…
  5. 2017年のスーパーGT第5戦「FUJI GT300km RACE」の決勝が6日、富士スピー…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る