【鈴鹿ファン感】感無量の山本尚貴!憧れのホンダRA272で初のF1デモ走行を担当

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 あいにくの曇り空となってしまったファン感1日目だが、朝から多くのファンが詰め掛け、各イベントとも大盛況となった。

 1964年にホンダが初めてF1世界選手権に挑戦してから今年で50年。それを記念して、ホンダが活動第1期で悲願の初優勝を勝ち取った65年製のRA272のデモ走行が行われた。昨年とは異なり、新しくなったSUPER GT、スーパーフォーミュラのデモ走行をメインにしている分、これまでの花形だったF1マシンのデモ走行は1965年のホンダRA272のみ。今までは高橋国光などレジェンドドライバーが務めていたが、今回はホンダの現役エース格の一人である山本尚貴。昨年はスーパーフォーミュラでシリーズチャンピオンを勝ち取ったことは記憶に新しい。

 グランドスタンド前に登場した山本は、この話をホンダさんから頂いた時は即答でした。逆に僕でいいんですか?と聞き直しましたね。最初はマシン名を聞いておらず、F1だけとしか聞いていなかったので、正直マクラーレン・ホンダを想像していたのですが、RA272と知った時は自分がちゃんとドライブできるのかちょっと不安になりましたね。」と、最初の心境を振り返った。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 しかし、トークショーの始まりの段階から山本は興奮を隠し切れない様子で、「早く乗りたくて仕方がないです。本当に貴重なクルマですし、それに乗せてもらえるのは本当に光栄です。テストやデモランでもF1に乗ったことがないので、自分にとって初のF1ドライブ。楽しみです。」と笑顔で語った。

 その後、葉巻型の今では見慣れなくなったマシンに乗り込み、1.5リッターV12エンジンに火が入れてスタート。彼が現在乗っているマシンと比べるとスピードは劣るが、50年経った今でも変わらぬ独特なエンジンサウンドを響かせ、各コーナーを噛みしめるように走行。東コースを2周してチェッカーを受け、無事にF1マシンのデモ走行という大役を終えた。再びホームストレートに帰ってきた山本は、マシンを降りると感無量の様子。「外から聞くエンジン音も凄くいいんですが、コックピットの中から聞くサウンドが本当に良いんですよね。これはドライバーしか体験できない特権ですし、ホンダのドライバーで良かったなと改めて思えた瞬間でした。」と声を震わせ、目を赤くしながら熱く語った。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 2015年からのホンダF1復帰に向け、パワーユニット(エンジン+回生システム)の準備が進んでいるとともに、ホンダの強力バックアップで日本人ドライバーを再びF1の世界に送り込もうというプロジェクトも動き始めている。これからのホンダを若い世代に託していきたいという思いも込められた今回の山本によるデモランのような気がした。

 なお、明日(2日)も山本がRA272をドライブ予定。ただ雨が降ると走行はキャンセルになってしまうが、できれば明日も山本にRA272をドライブしていただきたいと強く感じた1日だった。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. [table id=76 /]…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  3. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  4. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  5. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る