【F1】マクラーレン・ホンダが2015年のラインナップを発表、バトンが残留しアロンソが加入!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©McLaren
©McLaren

 2015年からタッグを組むことが決まっているマクラーレン・ホンダがついにドライバーズラインナップを発表。兼ねてから噂されていたフェルナンド・アロンソが加入。もう一人は逆に離脱濃厚と言われていたジェンソン・バトンが残留することが明らかになった。

 チームは11日に配信したリリースd2人をレギュラードライバーとして起用することを発表。また今年デビューを飾ったケビン・マグヌッセンはリザーブ兼テストドライバーとしてチームに残留することになった。

 2005・2006年のチャンピオンであるアロンソは、翌2007年だけマクラーレン在籍経験がある。その後、ルノーやフェラーリを転々としてきたが、彼がかつて憧れていたマクラーレン・ホンダのシートを獲得することになった。アロンソはリリースで「いつかアイルトン・セナのようになりたいと夢見てきていたことを今でも覚えている。この素晴らしい歴史を持つマクラーレン・ホンダの一員になれて誇りだ。自分が持っている全ての力を注いで再び伝説を蘇らせたい」と語った。

 アロンソのパートナーとなるのは、こちらも2009年にチャンピオンを勝ち取った経験のあるジェンソン・バトン。当初は今季いっぱいでマクラーレンから離脱。F1からも去るのではないかという報道も飛び交い、来季は日本のスーパーフォーミュラか世界耐久選手権に参戦かという噂もあった。

 バトンも「これまでのF1キャリアの中で一番興奮している。ホンダとまた一緒に戦えるのが嬉しい。彼らとは2003〜2008年の間で共に仕事をしたけど、素晴らしいメンバーばかりだということを知っている。アロンソという素晴らしいチームメイトとともに全力をつくすよ」と意気込みを語った。

 いよいよ復活までカウントダウンが始まったマクラーレン・ホンダ。アロンソ&バトンという現在のF1界でも経験と実績が豊富なドライバーを揃うという、願ってもない最高の布陣となった。

 新規定のパワーユニットの実戦デビューが遅れていることもあり、開発の遅れが心配されているが、2015年の開幕戦からどんなパフォーマンスとファンを感動させるレースをみせてくれるのか、今から楽しみだ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. [table id=76 /]…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  3. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  4. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  5. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る