【2015鈴鹿ファン感】星野×中嶋 永遠のライバル対決、初日は予想外のレース展開に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 朝から大盛況だった鈴鹿サーキットの2015モータースポーツファン感謝デー。今年も恒例の星野一義vs中嶋悟によるガチンコ勝負。「永遠のライバル対決」の1日目が行われた。

 今回で6回目を迎えた恒例の大一番。過去5回、8レースを終えて中嶋が3勝、星野が2勝、雨天中止等を含む引き分けが3回となっている。

 満員に埋め尽くされたグランドスタンド前に登場した両雄。まずは中嶋がチャンピオンベルトを返還。今年もこれをかけてのライバル対決が繰り広げられる。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 今回のルールは、フォーメーションラップ無しでグリッドスタート。東コースを3周し勝敗を決する。使用マシンはSRS-Fで使われているFC106。完全イコールコンディションでのまさにガチンコ勝負となる。中嶋が連勝すればチャンピオンベルト防衛、星野が連勝すれば奪還となる。

 スターティンググリッドはじゃんけんで勝利した中嶋が前で星野が2番手から。ところが、チャンピオンベルト奪還のためになんとしても勝ち星がほしい星野はレッドシグナルが消える前にスタートを切るという作戦を敢行。いきなり大きなアドバンテージを得て1コーナーに飛び込んでいく。出遅れた形となってしまった中嶋だが、得意のウエットコンディションで距離を縮めていくものの、2周目の東ショートカットコーナーでまさかのスピン。これで勝敗が決死。星野がトップチェッカーを受けた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 本来なら星野のスタートはペナルティ対象だが、ユーモア溢れる2人の対決ということもあり、お咎めなし。星野が事前に企んでいた作戦が見事に的中し、初日を制する形となった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 レース後、星野は「あの作戦は前から決めてた!」と手の内を披露。一方敗れた中嶋は「明日は何としても勝ちたいね」と悔しいそうな表情を見せていた。

 明日もこの対決が行なわれ、チャンピオンベルトの行方が決まる。星野がこのまま連勝するのか、それとも中嶋が待ったをかけるのか、明日の対決から目が離せない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る