【SF】2015鈴鹿合同テスト:初日総合トップの山本「まだ始まったばかりだから何とも言えない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 鈴鹿サーキットで行なわれているスーパーフォーミュラの第1回合同テスト。1日目で総合トップタイムを記録したTEAM無限の山本尚貴を記録。幸先良いスタートを切った形ではあったが、満足している表情は一切なかった。

 曇の中で始まった午前のセッション。開始から積極的に周回を重ねた山本。後半に1分38秒128を出しトップに浮上。その後雨が降りだし、結局そのまま午前は終了。午後はずっとウエットコンディションとなり、その結果でのトップタイムとなった。

 1日目を終えた山本は「日曜日のファン感であったテストではあまり感触は良くなかったですが、フィードバックしたものをチームが今日に向けてマシンを調整してくれたので、車体エンジンともに凄く良くなっていました。ただ午後のウエットは正直良くなくて、もっと煮詰める必要があるなと感じました」と、ドライでは手応えを掴んだもののウエットでは課題が残る初日となったようだ。

 昨年トヨタ勢に先行を許し、鈴鹿でも苦戦していた山本。今回はそれを逆転する結果にはなったものの、実際には“まだ分からない“とのこと。「まだ初日の午前でトップだったというだけ。ライバルたちもまだ伸びしろは持っていると思うし、絶対開幕戦に合わせてパフォーマンスを良くしてくるでしょう。僕達は順調に来ていることは確かですが、この流れのまま開幕まで行けるかというと、今の段階では何とも言えないです」と冷静にコメント。

 一昨年のチャンピオン獲得と昨年の苦戦という2つの経験をしているからこそ、初日の自分たちとライバルの結果を冷静に現状況を受け止めていた。

 明日も鈴鹿サーキットではテストが行なわれる予定。この流れを維持していくことが出来るか、これを出発点に王座奪還を目指す山本の走りからも目が離せない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る