【東京モーターショー2015】ホンダブースで新型NSX、シビックTYPE Rが日本初公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

28日に開幕した第44回東京モーターショー2015。ホンダブースでプレスカンファレンスが行われ、集まった報道陣の前で八郷隆弘社長が挨拶。展示車両が紹介された。

今回のホンダは「想いを超える」というブースコンセプトで4輪、2輪車を展示。その中でも唯一市販モデルのスポーツカー2台をメインステージに揃えた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

まずは、すでに海外でアンヴェールされている新型NSXが日本初公開。ステージには約25年前に登場した初代NSXと同じ赤色の新NSXが登場。八郷社長も実際にテスト走行でステアリングを握ったとのことで「3モーターで4輪の駆動力を制御する“オン・ザ・レールの走りが、クルマとの一体感に溢れ自分の手足のように操る感覚を得ることが出来ました」とホンダが誇るスーパーカーの新モデルの魅力を紹介した。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

続いて登場したのは日本での発売が決まっているシビックTYPE R。日本国内では750台限定で価格は428万円とのこと。八郷社長も「史上最高のR」と語るほどで、現在参戦中のWTCC(世界ツーリングカー選手権)のベース車両担っている他、その技術も多数盛り込まれた1台だ。日本でシビック TYPE Rが販売されるのは2010年(FD2型)以来、5年ぶりとなる。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

最後に八郷社長は「ホンダのコーポレート・スローガンである“The Power of Dreams”を原動力に、世界中のお客様ひとりひとりに感動や喜びをお届けできるモビリティの実現に向け、チームホンダ一丸のなってチャレンジしていきます」と挨拶した。この2台以外にも燃料電池車「クラリティFUEL CELL」をはじめとした4輪モデルに加え、2輪モデルも多数展示される。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

ただ、なんといってもホンダのフラッグシップモデルとも言える「NSX」と「シビックTYPE R」が見られるとあって、自動車ファンにとっては見逃すことができないブースとなるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーション株式会社は18日、2018…
  2. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  3. [table id=80 /]…
  4. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  5. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る