【SF】2015最終戦鈴鹿:予選前フリー走行はロッテラーがトップ、一貴が出遅れる

©H.Yoshii
©H.Yoshii

2015年のスーパーフォーミュラ最終戦が7日、鈴鹿サーキットで開幕。予選前のフリー走行はアンドレ・ロッテラー(No.2 PETRONAS TEAM TOM’S)がトップタイムを記録した。

いよいよチャンピオンが決まる1戦。また小林可夢偉など注目ドライバーがいることもあって、朝から熱心なレースファンが鈴鹿に駆けつけ、ゲートオープンから盛況となっている。

予選前の1時間のフリー走行。途中アンドレア・カルダレッリ(No.20 Lenovo TEAM IMPUL)のクラッシュがあったが、赤旗中断もなく順調にセッションが進行した。序盤から小暮卓史(No.34 DRAGO CORSE)や山本尚貴(No.16 TEAM無限)などホンダ勢が上位を占めていたが、チャンピオン争いをするメンバーも予選シミュレーションアタックでタイムを更新。最終的にロッテラーが唯一38秒台に飛び込み1分38秒951でトップ。2番手にはジェームス・ロシター(No.3 KONDO RACING)、3番手にジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(No.19 Lenovo TEAM IMPUL)が続いた。

ランキング首位の石浦宏明(No.38 P.MU/CERUMO・INGING)、2位の中嶋一貴(No.1 PETRONAS TEAM TOM’S)は一時タイミングモニターの下位2台となっていたが、石浦は最後のアタックで帳尻を合わせ4番手タイム。一方の一貴は最後までタイムが伸び悩み、トップから1.3秒遅れの14番手に終わった。

注目の公式予選は13時30分から。今回は2レース制のため計2ポイント分のボーナスポイントが与えられる。Race1のグリッドが決まる予選Q1から0.001秒単位のタイムアタック合戦が期待できそうだ。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る