【スーパー耐久】2016第1戦もてぎ:難しいコンディションを味方につけ、GTNET GT-Rがポールポジション!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

 2016年のスーパー耐久開幕戦もてぎが2日に開幕。ツインリンクもてぎで公式予選が行われた。

 年々参戦台数が増え、開幕戦では62台がエントリー。このうちFIA-GT3マシンで争われるST-Xクラスは11台が参戦。中でも今年はGTアジアで活躍していたクリア・ウォーター・レーシングが参戦。マクラーレンの新型マシン「650S GT3」に注目が集まった。

©S.Nakagawa ©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

 スーパー耐久では各ドライバーごとにセッションが設けられ、事前申請したAドライバーとBドライバーの合計タイムでグリッドが決まる。曇り空の中で始まった公式予選だが、途中雨が降り始めWET宣言が出される難しいコンディションとなった。それでも各チームが果敢にアタックを披露。5号車のGTNET GT-Rが2人とも1分49秒台をマークし、合計3分38秒825でポールポジションを獲得。2位以下に2.5秒の大差をつけた。

©S.Nakagawa ©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

 接戦となった2番手以降の争いは、22号車のクリア・ウォーター・レーシングが合計3分41秒375でフロントローを獲得。3番手には、わずか0.013秒差で敗れた24号車KONDO RACINGが続いた。

©S.Nakagawa ©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

 またST-4クラスの予選も白熱。86号車TOM’S SPIRITのトヨタ86と41号車TRACYSPORTSのホンダS2000のトップ争いは、合計タイムでついたギャップはわずか0.060秒差。86号車がクラスPPを勝ち取った。また脇阪寿一も52号車埼玉トヨペットの86で参戦。クラス7番手から明日の決勝レースを迎える。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. 2017年のSUPER GT富士合同テスト。2日目のセッションは残念ながら降雪により走行がキ…
  2. 2017年のSUPER GT開幕まで2週間となった25日、富士スピードウェイでスタート。初日…
  3. 今年も東京モーターサイクルショーが行われている東京ビックサイトで、「2017コカ・コーラ鈴鹿…
  4. ©︎Pirelli いよいよ、2017年のF1世界選手権が24日、オーストラリアのメルボル…
  5. 2017年のSUPER GT開幕を2週間後に控えた3月25・26日に今季2回目となる公式合同…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る