【スーパー耐久】2016第1戦もてぎ:難しいコンディションを味方につけ、GTNET GT-Rがポールポジション!

©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

 2016年のスーパー耐久開幕戦もてぎが2日に開幕。ツインリンクもてぎで公式予選が行われた。

 年々参戦台数が増え、開幕戦では62台がエントリー。このうちFIA-GT3マシンで争われるST-Xクラスは11台が参戦。中でも今年はGTアジアで活躍していたクリア・ウォーター・レーシングが参戦。マクラーレンの新型マシン「650S GT3」に注目が集まった。

©S.Nakagawa ©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

 スーパー耐久では各ドライバーごとにセッションが設けられ、事前申請したAドライバーとBドライバーの合計タイムでグリッドが決まる。曇り空の中で始まった公式予選だが、途中雨が降り始めWET宣言が出される難しいコンディションとなった。それでも各チームが果敢にアタックを披露。5号車のGTNET GT-Rが2人とも1分49秒台をマークし、合計3分38秒825でポールポジションを獲得。2位以下に2.5秒の大差をつけた。

©S.Nakagawa ©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

 接戦となった2番手以降の争いは、22号車のクリア・ウォーター・レーシングが合計3分41秒375でフロントローを獲得。3番手には、わずか0.013秒差で敗れた24号車KONDO RACINGが続いた。

©S.Nakagawa ©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

 またST-4クラスの予選も白熱。86号車TOM’S SPIRITのトヨタ86と41号車TRACYSPORTSのホンダS2000のトップ争いは、合計タイムでついたギャップはわずか0.060秒差。86号車がクラスPPを勝ち取った。また脇阪寿一も52号車埼玉トヨペットの86で参戦。クラス7番手から明日の決勝レースを迎える。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る