【全日本ロードレース】2016最終戦鈴鹿:日曜日は15,000人が来場!ピットウォークなどは大盛況!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

鈴鹿サーキットで行われた2016全日本ロードレース選手権の最終戦MFJグランプリ。日曜日も終日天気に恵まれ15,000人が来場し各イベント共に大盛り上がりだった。

今回は全4クラスとも最終戦でチャンピオンが決まる重要な1戦。また鈴鹿サーキットでの2016シーズン最後のビックレースということもあり、朝から多くのファン来場し、朝からGPスクエアなどは活気にあふれていた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

昨日に引き続きライダー、監督らが登場してのステージではチャンピオンに王手をかけている中須賀克行や今回スポット参戦で来日したレオン・ハスラムも登場。これまで鈴鹿8耐でしか走るチャンスがなかったハスラムだが、鈴鹿で走るのは大好きな様子で、笑顔で今回のレースについての抱負を語っているのが印象的だった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

また来年からJSB1000でも導入されると言われているホンダの新型CBR1000RR、スズキの新型GSX-R1000が展示され、こちらも注目を集めていた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

ピットウォークは、広い鈴鹿のピットレーンを埋め尽くす勢いのファンが集まり大盛況。ライダーにサインをもらったり、バイクと一緒に撮影。またレースクイーン目当てのファンなど、それぞれのスタイルで楽しんでいた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

今日は4クラス計5レースとハードスケジュールだったが、全てのレースが終了した後に表彰台では全クラスチャンピオンが集まってのフォトセッションも開催。日も暮れ始め、すっかり寒くなったサーキットだったが最後まで、ファンも最後まで残ってチャンピオンたちを祝福していた。

©︎KANSENZYUKU

公式発表によると、日曜の来場者数は15,000人で2日間トータルで25,500人を記録した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る