【SF】2017第5戦オートポリス:野尻智紀がコースレコード更新で今季初ポールポジション!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©︎H.Yoshii

2017年の全日本スーパーフォーミュラ選手権の第5戦オートポリス大会が9日に開幕。公式予選は野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がポールポジションを獲得した。

昨年は熊本地震の影響で開催がなかったスーパーフォーミュラ。2年ぶりの開催ということと、今回は2&4レースとしてJSB1000が併催だったため、2輪ファンもサーキットに来場していた。

さらに前回のツインリンクもてぎ戦でも導入された2スペックタイヤが、ここオートポリスでも登場。前回とは異なり、アップダウンが激しく大きく回り込むコーナーが多いオートポリスでは、ソフトタイヤの劣化が早まるのではないかと言われており、週末の各チームの戦略に注目が集まった。

気温30度、路面温度44度の中で始まった予選。Q1では、供給された新品タイヤのうち、ミディアムタイヤのみ使用できるという規則に変更され、全車がミディアムでコースイン。タイムアタックを行なっていくが塚越広大(REAL RACING)がジェットコースターストレートエンドでクラッシュを喫してしまい赤旗中断。そういった波乱があった中、国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)がトップタイムを記録した。

続くQ2では、各車ソフトタイヤを装着。当初は計測1周目でアタックをするという流れになるかと思われたが、小林可夢偉(KCMG)は計測2周目でアタック。1分26秒317を叩き出し、従来のコースレコードを塗り替えた。一方、ここ数戦好調のフェリックス・ローゼンクヴィスト(SUNOCO TeamLeMans)や前回ポールポジションの山下健太(KONDO RACING)がノックアウトされた。

そして最終のQ3。ここでも、いち早くコースインした可夢偉が計測2周目でアタック。他のドライバーたちは残り4分を目処にコースインし、1周勝負のアタックに臨む。ここでトップタイムを記録したのは野尻。従来のコースレコードを0.3秒上回る1分26秒196。これに可夢偉をはじめ、他のドライバーもタイムを更新することができず、野尻の今季初、通算2回目のポールポジションが決まった。2番手には国本、3番手には可夢偉が続いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 10月5日~7日に開催される2018F1日本グランプリ。毎年、決勝日には多数の観客が鈴鹿サーキットに…
  2. 毎年、F1日本グランプリ期間中に鈴鹿サーキットからJR鈴鹿サーキット稲生駅方面のサーキット道…
  3. 10月4日(木)~8日(月・祝)に開催されるF1日本グランプリに向けて、「5807分の1サポーター」…
  4. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  5. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る