【SUPER GT】ポッカ1000km決勝(GT500クラス):MOLA GT-Rが波乱のレースを制し今季初V!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

KEIHIN HSV-010のクラッシュにより、2度目のセーフティカーが導入されたポッカ1000km。残り12周というところで再スタート。SCによりトップ集団の間隔が縮まり、4年ぶりの1000kmレースは終盤約60kmのスプリント勝負で勝敗が決した。

再スタートと同時にトップのMOLA GT-Rは上手く逃げ、2位以下とのギャップを再度築いていく。しかし2位のNISMO GT-Rのペースが伸びず、3位インパルGT-R、4位kraft SC430、5位KONDO GT-Rの4台による2位争いが勃発。その中で奮起したのが4位のkraft SC430国本雄資だった。

 

残り8周でインパルGT-Rオリベイラを抜き3位に上がると、2位のNISMO GT-R本山に照準を合わせる。SUPER GTを代表するドライバーとして知られる本山哲に対し、若手の国本は全く臆することなく果敢に攻めこんでいく。

そして残り4周の西ストレートでイン側に飛び込むと並んだまま130Rへ突入。一歩も引かなかった国本の意地に本山が屈し、国本を前に出してしまうが、その隙を狙っていたオリベイラとビルドハイムにもパスされ、最後の最後でNISMO GT-Rは5位に転落してしまった。2位争いが白熱する中、トップのクインタレッリはベストタイムを連発。最終的に2位に15秒の差をつけトップチェッカーを受けた。

 

ウイニングランを終えてメインスレートへ戻ってきたクインタレッリは、日産応援団席の前でエンジンを思い切り空ぶかしさせ、6時間応援し続けてくれたファンに感謝の挨拶。パルクフェルメに戻ると、出迎えた柳田とガッチリと抱き合った。日産GT-R勢にとっては、今季初勝利。MOLA GT-Rは2011年のSUGOで初優勝して以来となる1年ぶりの勝利となった。

 

表彰式後には、GT300の優勝チームとともにポッカ1000km恒例の花火を堪能したMOLAの2人。

柳田は「今日は表彰台の上から花火を見られるとは思っていなかったので、本当に嬉しいです。途中、自分の判断ミスで4号車との接触し、その後タイヤの空気圧が著しく低下していったので、すぐにピットに戻りました。ここで勝たなければチャンピオンは厳しいと思っていたので、勝てて良かったです。残り3戦あきらめずに頑張ります。」とコメント。

クインタレッリは「昨年は2位で花火を見たけど、やっぱり1位になって見る花火は格別。最後セーフティカーが入ったときは“またか”と一瞬思ったが、再スタートの時にチームから思い切りプッシュしていいと指示が出たので、燃料のことは気にせず走りました。」

今季はなかなか結果が出ず、苦しい戦いが続いていたGT-R勢。調子の上がってきた前回SUGOではスタートで同士討ちという悔しい結果に終わったが、今回の1000kmでは途中GT-R勢がトップ4を独占するなど、レースを支配。最終的に終始安定したペースを維持したMOLA GT-Rが勝利を手にした。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. [table id=76 /]…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  3. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  4. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  5. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る