【F1】2013第4戦バーレーンGP:ロズベルグが今季初ポール!メルセデスAMGが2戦連続PP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©MercedesAMG
©MercedesAMG

2013年のF1第4戦バーレーンGP。決勝のスターティンググリッドを決める公式予選が現地時間の20日(土)に行われた。金曜日は一時的に雨が降ったバーレーン・インターナショナル・サーキットだが、予選は気温34℃、路面温度42℃のドライコンディション。大接戦のノックアウト予選がスタートした。

まず上位16台のQ2進出枠を決めるQ1。ここで速さを見せたのが前回中国GPウィナーであるフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)。いきなり1分32秒878を叩きだし、ライバルにプレッシャーをかける。一方、Q2進出枠とかけた16位争いが接戦の展開。なんとバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)とパストール・マルドナード(ウィリアムズ)が1分34秒425で全くの同タイム。先に記録していたボッタスがQ2に進出し、マルドナードは残念ながらQ1敗退となった。

続くQ2でトップに立ったのはセバスチャン・ベッテル(レッドブル)。Q1のアロンソを上回る1分32秒746を記録、ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)も32秒台に入れる速さを見せた。ここでも当落線上の争いは僅差となり、わずか0.060秒差で好調ロータスのロメイン・グロージャンがノックアウト。今年は今ひとつ調子が上がってこないジェンソン・バトン(マクラーレン)がギリギリでQ3進出を果たした。

10分間で行われる最後のQ3。ここで注目を集めたのがロズベルグだった。1回目のタイムアタックで1分32秒543を記録しトップに立つと、残り時間ギリギリで行った2回目のタイムアタックでは自らのタイムを0.213秒更新。1分32秒330を叩きだしてみせた。これにはライバル達も手が出ず、そのままチェッカーフラッグ。2011年第3戦中国GP以来で通算2回目、約1年ぶりのポールポジションを獲得した。またメルセデスAMGチームにとっては前回のハミルトンに続き2戦連続のポールポジションとなった。

2位にはベッテル、3位にはアロンソと今週末好調の2人が続いた。なお5位マーク・ウェバー(レッドブル)と18位エステバン・グティエレス(ザウバー)は中国GPで受けた次戦グリッド降格ペナルティがあるため、スタートポジションは変更になる予定。4位に入ったルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)も予選前にギアボックス交換を行ったため、5グリッド降格ペナルティを受けることになっている。

注目の決勝レースは日本時間の21日(日)21時00分からスタート予定。ヨーロッパラウンド前では最後のレースとなるバーレーンGP。果たして4人目のウィナーが誕生するのか?ベッテル、アロンソ、ライコネンの誰かが2勝目を飾って、ヨーロッパラウンドに向けて弾みをつけるのか?明日の決勝レースから目が離せない。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る