【SF】「SF14」フォトギャラリー&マシンスペック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

■SUPER FORMULA “SF14” スペック (2013.7.10現在)※スーパーフォーミュラ公式サイトより
○シャシー
車両開発コンセプト Quick & Light(俊敏&軽量)
車両製作 ダラーラ・オートモービル社(イタリア)
全長 5268mm
ホイールベース 3165mm
全幅 1900mm
全高 950mm
重量 650kg(ドライバー搭乗時)
ギアボックス リカルド社 前進6速、ザイテック社 パドルシステム
ブレーキ ブレンボ社 キャリパー、ブレンボ社 ディスク(カーボン製)
フロントタイヤ ブリヂストン社 235/55R13
リアタイヤ ブリヂストン社 340/620×13
モノコック アルミ/ノーメックスハニカム入りカーボン/ザイロン複合材コンポジット
ボディワーク ノーメックスハニカム入りカーボンコンポジット
ステアリングシステム カヤバ社 電動パワーステアリングシステム
フロントサスペンション形式 プッシュロッド トーションバースプリング
リアサスペンション形式 プッシュロッド
安全基準 FIA 2010 F1規定に基づく

○エンジン
エンジン製作 本田技研工業(株)、トヨタ自動車(株)
気筒数 直列4気筒
燃料噴射システム ダイレクトインジェクション
過給器 ターボチャージャー(ワンメイク)
排気量 2000cc
出力 550hp
重量 85kg
出力制限方法 燃料流量制限の実施

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

Photo:©KANSENZYUKU

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2018-9-25

    【2018F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…

最近の記事

  1. いよいよ今週末開幕する2018F1日本グランプリに向け、続々とドライバーたちが来日。舞台とな…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…
  3. 10月5日~7日に開催される2018F1日本グランプリ。毎年、決勝日には多数の観客が鈴鹿サーキットに…
  4. 毎年、F1日本グランプリ期間中に鈴鹿サーキットからJR鈴鹿サーキット稲生駅方面のサーキット道…
  5. 10月4日(木)~8日(月・祝)に開催されるF1日本グランプリに向けて、「5807分の1サポーター」…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る