【F1】2014年のF1復帰を目指す小林可夢偉、いよいよ今週中にも体制判明か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2014年シーズンのF1復帰に向け各チームと交渉を続けてきた小林可夢偉。2010年から在籍したザウバーを離れ、今年はスクーデリア・フェラーリと契約。F1に直接関わる機会は少なかったがWECのドライバーとして新しいフィールドで挑戦を続ける一方で、2014年からのF1復帰に向けパドックなどで積極的に動いてきた。当初は優勝争いが見込めるチームに限定しシートを探していたが、昨シーズン終了と同時に上位チームはほぼ全てドライバーが決定。お正月を迎える時点で決まっていないのはケータハムの2枠とマルシャの1枠のみとなった。

 今年もF1シート確保は絶望的かと思われていたが、昨年末になってケータハムとの交渉が進んでおり、同チームの有力候補との報道が飛び交い、これには日本のファンも可夢偉のF1復帰に大きな希望を持てたことだろう。

 その後は大きな進展がなく、新年を迎えた6日、可夢偉が自身の公式Twitterで「今週に今年の予定が決まるはず。本当に今は願うしかない。ここまでファンのみなさんありがとう。」と投稿。どうやらケータハム側の体制発表が近日中に行われ、そこに可夢偉の名前が入っているか否か?という状況まで来ているようだ。

 しかし、可夢偉以外にもシートを探しているポール・ディ・レスタやハイメ・アルグエルスアリなども交渉していると思われ、シート獲得競争は熾烈な者となっている。可夢偉は最後に「本当にここがやまばになりそう。一緒にwish(吉報を願うこと)お願いします」とコメント。

2014年シーズン、再びF1の舞台で可夢偉の活躍が見られるの?その最後の答えが、まもなく出ようとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る