【2014F1日本GP】鈴鹿サーキットにナイジェル・マンセル見参!トークショー、サイン会は大盛況!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Y.Oda/KANSENZYUKU

 F1日本グランプリが開催されている鈴鹿サーキットに、ついにナイジェル・マンセルが来場。4日(土)にはトークショーやサイン会が行なわれ、約1000人ものファンが集まり、GPスクエアは熱気に包まれた。

 1992年にワールドチャンピオンに輝いたマンセル。常に気迫あふれる荒々しい走りでファンを魅了。特に鈴鹿では1994年に雨の中ジャン・アレジと激しいバトルと繰り広げたエピソードもある。

 今回の来場を受け、当時から鈴鹿に通っていたファンは「レッドファイブ」で有名だったウイリアムズ時代のジャケットやグッズを持ってきてトークショーに参加。中にはレプリカヘルメットをかぶるファンもいるなど、F1ブームに沸いた1990年代初頭の鈴鹿サーキットにタイムスリップしたような雰囲気が広がっていた。

©Y.Oda/KANSENZYUKU ©Y.Oda/KANSENZYUKU

©Y.Oda/KANSENZYUKU ©Y.Oda/KANSENZYUKU

 またサーキットでは本人公認の「口ヒゲ」も販売。レースウィークが始まると瞬く間に売れていき、金曜で完売となるほど人気だった。実は夏のイギリスGPでスチュワードを担当したマンセルはヒゲがなくすっきりとしていたが、日本グランプリに合わせて当時を彷彿させるようなヒゲを蓄えてきてくれた。

 トークショーでは、当時そのままの”おっちょこちょい”っぷりも披露。また現役時代のグッズを身につけてきてくれたファンをみて「今でも僕の事を忘れずにいてくれていたファンが、こんなに大勢いるなんて感激だよ。」と語ってくれた。

©KANSENZYUKU ©Y.Oda/KANSENZYUKU

©Y.Oda/KANSENZYUKU ©Y.Oda/KANSENZYUKU

 その後、木曜ピットウォークでの抽選で当たったファンがサイン会に参加。マンセルは1人1人に丁寧にサインをし、笑顔で握手。今週末の鈴鹿を楽しんでいる様子だった。また、マンセルは18時からグランドスタンドで行なわれる前夜祭にも登場する予定だ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る