【WEC】中嶋一貴、ル・マン24時間レースの参戦に向けリハビリを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©TOYOTA
©TOYOTA

先月末に行なわれたWEC第2戦スパ・フランコルシャンのフリー走行中にクラッシュを喫し、脊椎の一部を痛める怪我を負った中嶋一貴。事故から約2週間経った13日に、トヨタがプレスリリースを発表し現在の彼の状態を伝えた。

事故後、すぐにサーキット近くの病院に搬送。数日入院した後にフランスのニースにある病院に映され、集中治療施術を受けた。

幸い神経系へのダメージはなかったものの、事故の衝撃も強く、ル・マン24時間レースへの参戦も絶望視され、レース復帰にもしばらく時間がかかるのではないかと思われた。しかし治療等も順調に進み、退院後は自由に身体を動かすことができるところまで回復しているとのこと。現在はイタリアに滞在し来月13・14日に開催されるル・マン24時間レース参戦を目標にリハビリを開始している。

©TOYOTA ©TOYOTA
[リハビリの様子(©TOYOTA)]

なお、リハビリに専念するため23・24日に行なわれる全日本選手権スーパーフォーミュラ第2戦岡山は欠場。代わりに大嶋和也がドライブすることがすでに決まっている。

参戦が叶えば、今年で4度目のル・マン挑戦となる一貴。昨年は日本人初のポールポジションを獲得、決勝レースでも終始リードしていたが、彼の担当スティント中にトラブルが発生。無念のリタイアとなってしまった。

もちろん、大きな事故だっただけにしっかり身体のコンディションを整えてからレースに復帰してほしいのだが、昨年のリベンジを果たすためにも、何とかル・マンには間に合うことを願いたい。

詳細情報(トヨタ プレスリリース)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る