【F1】2015シンガポールGP:レースレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Pirelli
©Pirelli

 2015年のF1第13戦シンガポールGP。注目の決勝レースがマリーナ・ベイ・ストリートサーキットで行われた。

 ポールポジションはフェラーリ移籍後初となるセバスチャン・ベッテル。2番手にはダニエル・リカルドが並んだ。スタートではベッテルが好スタートを切って1コーナーへ。2位リカルド、3位キミ・ライコネン(フェラーリ)、4位ダニール・クビアト(レッドブル)と続いていく。

 これまで圧倒的な強さを誇っていたルイス・ハミルトン(メルセデス)、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)が苦戦。予選も3列目からスタートしフェラーリ、レッドブル相手に力強いパフォーマンスが発揮できない。

 スタートから先頭を守るベッテルは絶好調。リカルドに3〜4秒の差をつけ周回を重ねていく。レースも10周を消化し1回目のピットストップのタイミングに差し掛かると後方でフェリペ・マッサ(ウイリアムズ)とニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)が接触。これによりヴァーチャルセーフティカー導入となり各車が一斉に1回目のストップを敢行。大きく順位は変わらなかったが、コース上に破片も飛び散っていたため、セーフティカーが切り替えられ全車の間隔が一気に狭まる。

©Pirelli
©Pirelli

 レース再開後もベッテルとリカルドと一騎打ち。上手くペースコントロールをしてタイヤを労りながらリカルドにチャンスを与えない巧みなドライビングをみせるベッテル。それに対しリカルドはアンダーカットで逆転トップを目指すが後半に差し掛かって再びハプニングが発生。37周目に今度は侵入者がコースに入り安全確保のため再びセーフティカーが導入。これによりピットストップのタイミングをずらすことができなかったリカルドは再びベッテルの後ろで2回目のストップを終えることになった。

 また後方で苦しいレースを強いられていたハミルトンは32周目にトラブルでスローダウン。ピットに戻るが、そのままリタイア。2年連続チャンピオンも確実視され始めていたは現王者が、ここにきて今季初のノーポイントとなってしまう。

©Pirelli

 結局、最後まで危なげない走りをみせたベッテルがそのままトップチェッカー。今期3勝目を挙げた。2位にはリカルド、3位にはライコネンが入った。これで通算勝利数を42に伸ばし、あのアイルトン・セナの41勝を超えたベッテル。またメルセデスが苦戦した中で25ポイントを稼げたとあって、表彰台では終始満面の笑みだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る