【SF】スーパーフォーミュラPRブースがF1日本グランプリ会場に登場、一貴、可夢偉らもアピール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 鈴鹿サーキットで行われた2015F1日本グランプリ。今年もレーシングシアター前に国内最高峰カテゴリーの全日本選手権スーパーフォーミュラのブースが登場。エンジン始動デモンストレーションやタイヤ交換体験など、様々なコンテンツが用意され、レースウィークは多くのファンで盛り上がった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 シアター前には今年ナレイン・カーティケヤンが乗るSF14が登場。実際にエンジン始動デモも行われた。普段F1は欠かさず観るけど国内レースに触れる機会が少ないというファンも多く、F1とは違うサウンドや、数年前のF1マシンを彷彿とさせるようなマシンデザインに注目するファンも多かった。エンジン始動の際は、SFオフィシャルコメンテーターとして現地で活躍する小倉茂徳氏がスーパーフォーミュラの特徴やマシンについて分かりやすく丁寧に説明。実際に鈴鹿のS字区間ではF1を凌ぐコーナリングスピードを発揮するマシン。もちろん、これを初めて知るという方も多く、驚いている方もいた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 また2013年まで活躍していたスウィフト製のSF13も同時に展示され、こちらは子ども限定のタイヤ交換体験やコックピット乗り込み体験も行われた。ちょうどレーシングシアターはファミリーシートが設置されているS席の真裏にあり、セッション以外の時間はここで過ごす家族連れが訪れ盛況に。特にF1では一般のファンを対象にしたタイヤ交換体験というものは滅多に行われないこともあり、多くのファンが興味津々の様子だった。

©KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

また場内のトークショーイベントなどでもスーパーフォーミュラで活躍するドライバーが登場。26日(土)の前夜祭では小林可夢偉が登場。F1も知る彼の目線からSFの魅力が紹介され、11月の最終戦に向けてPRを行った。よく27日(日)にはJRP会長でありNAKAJIMA RACINGを率いる中嶋悟氏と、昨年チャンピオンの中嶋一貴が登場。ともにF1経験のある中島親子の共演ステージということで、GPスクエアは黒山の人だかりとなった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

ここでは実際に2014年開幕戦の一貴の予選アタック映像なども放映され、F1日本GPの部隊となっている鈴鹿をSFのマシンが走るとどうなるのかなどをドライバー目線で解説。中嶋会長も「非常に見応えがある1戦になることは間違いないので是非11月の最終戦も観戦に来てください」とファンに呼びかけていた。

F1日本GPに観戦に行くファンのほとんどが、鈴鹿に行くのは1年に一度のみと決めてしまっている方も多いだろう。しかし年に一度というのは少なく感じてしまうもの。サーキットでしか味わえない独特な雰囲気はF1もSFも大きくは変わらない。是非、この機会に最終戦のJAF-GP観戦に足を運んでみてはいかがだろうか。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

観戦チケットは鈴鹿サーキットの公式ホームページで発売中。前売り観戦券(V1・V2席でも観戦可能)は4,000円、さらにJAF会員の方なら2,800円で観戦できる。

スーパーフォーミュラ最終戦JAF-GPチケットページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2016-10-1

    【2016F1日本GP】入場ゲートオープン時間のお知らせ

    [table id=54 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動しゲー…
  2. 2017-1-3

    【東京オートサロン2017】開催スケジュール&チケット情報(1月13・14・15日開催)

    今年も千葉県の幕張メッセで「東京オートサロン2017」が1月13・14・15日に開催される。…

最近の記事

  1. ©︎MOBILITYLAND 今年も10月6・7・8日に鈴鹿サーキットで開催される2017…
  2. ©︎Red Bull レッドブルの若手育成チームである「レッドブル・ジュニア・チームは18…
  3. ©T.Yoshita/KANSENZYUKU 昨年末から注目を集めていたメルセデスのレギュ…
  4. 今年も毎日大盛況だった東京オートサロン2017は、15日に閉幕。3日間の総来場者数は324,…
  5. 今年もSUPER GTのGT300クラスに参戦するスバルは13日、東京オートサロンの会場でモ…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る