【F1】初のワールドチャンピオン獲得から5日後の衝撃!ニコ・ロズベルグがF1引退を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©︎KANSENZYUKU

2016年のF1ワールドチャンピオンとなったニコ・ロズベルグが2日、自身のFacebookページなどで今季限りでのF1引退を発表。新チャンピオンの衝撃的な発言に、業界は騒然としている。

先日のアブダビGPでルイス・ハミルトンとの激闘の末、悲願の初チャンピオンを手にしたロズベルグ。来年以降もメルセデスから参戦し、連覇を目指すものと誰もが確信していた。

ところが、チャンピオン決定からまだ1週間も経っていないにも関わらず、自身のFacebookページで今季限りでF1を降りる旨を記したコメントを発表した。

そこでロズベルグは「レースを初めて25年、僕はF1ワールドチャンピオンになるという夢を果たした」とコメント。F1という世界最高峰のカテゴリーで、特にここ数年はチャンピオン争いにも絡む活躍を見せたが、逆にそれがプレッシャーでもあったようだ。シーズン終盤には引退のことは考えていたようで、アブダビGPのレース前には「日曜日の朝“これが最後のレースになるんだ”と考えたとき、頭の中がクリアになった。そして人生の中で最も印象に残る55ラップとなったよ。引退は月曜日の夜に決めた」とのことだ。

ロズベルグは2006年にF1デビューを果たし、初優勝は参戦111戦目の2012年中国GP。そこからチャンピオン争いにも絡むようになり、一昨年からはハミルトンの激しいレースを何度も繰り広げ、ファンを魅了してきた。

さすがに、今回の発表に関してはヨーロッパの各メディアもほとんど事前情報をキャッチしていなかった模様で、チャンピオン決定からわずか5日後の衝撃的な発表に、世界中が驚きの反応を示している。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-27

    【2017F1日本GP】F1日本グランプリ まだまだ間に合う特設キャンプエリア予約受付中!

    F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…
  2. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…
  2. ©T.Yoshita 東京・青山にあるホンダウエルカムプラザ青山で、凱旋帰国中の佐藤琢磨を…
  3. ©T.Yoshita 6月13日、東京・青山にあるホンダウエルカムプラザ青山で、インディ5…
  4. 2017年のインディアナポリス500マイルで日本人として史上初優勝を飾った佐藤琢磨選手の、F…
  5. ©T.Yoshita 5月28日に行われた第101回インディ500で、見事日本人として初優…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る