【2017鈴鹿8耐】今年もヤマハファクトリーが他を圧倒!同一チーム初の3連覇達成!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©︎KANSENZYUKU

11時30分にスタートした2017“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第40回記念大会は、19時30分にゴールを迎え、No.21YAMAHA FACTORY RACING TEAM(中須賀克行/アレックス・ローズ/マイケル・ファン・デル・マーク)が優勝を飾った。

序盤からNo.634MuSASHi RT HARC PRO.Hondaと激しいバトルを展開した21番ヤマハファクトリー。2時間を過ぎても3秒以内の僅差でトップ争いを繰り広げていたが71周目のヘアピンで634番ハルクプロの中上貴晶が転倒。すぐに走行を再開したが、マシン修復のためピットインを余儀なくされ、4番手に後退してしまう。

これで、独走状態となった21番ヤマハファクトリーは、中須賀、ローズ、ファン・デル・マークが順調に周回を重ね、リードを守るのではなく、自分たちのペースを維持してゴールを目指すという昨年同様の走りを披露。117周目にはローズが2分06秒932という予選並みのタイムを決勝で記録。もちろんこれがファステストラップ。残り2時間のところでは3番手の11番チームグリーンを周回遅れにすると、5番TSRホンダにも接近。しかしドミニク・エガーターがラップダウンにされまいと、必死のライディングをみせた。

残り1時間を切って、今年の鈴鹿8耐の上位オーダーは決定かと思われたが、最後の最後にドラマが待っていた。

©︎KANSENZYUKU

残り40分のところで逆バンクでアクシデントが発生し、セーフティカーが導入。21番ヤマハファクトリーは、これによりリードがなくなるということはなかったが、逆に不運に見舞われたのは2番手の5番TSRホンダ。再開直後にマシン内部から炎が上がるハプニングが発生。乗っていたランディ・ドゥ・プニエはそれに気づかず走行していたが、ピットインして修復を命ずるオレンジボール旗が振られ、緊急ピットインを余儀なくされる。

これにより、11番チームグリーンが2番手に浮上。セーフティカーの関係で同一周回に戻り、最後まで追い上げを見せた。しかし、今年も21番ヤマハファクトリーは最後まで完璧な走りを披露。最多周回数には届かなかったものの、216周を完了しチェッカーフラッグ。鈴鹿8耐史上初めて同一チームが3年連続で優勝を成し遂げた。2位には11番チームグリーン、3位には5番TSRホンダが入った。

634番ハルクプロは後半にもトラブルが発生し緊急ピットイン。最後まで好ペースで周回するも4番手と悔しい結果に。序盤に転倒を喫した12番ヨシムラは最後尾から7位まで追い上げ、チェッカーを受けた。

©︎KANSENZYUKU ©︎KANSENZYUKU

また注目のEWCチャンピオン争いは、ランキングトップだったNo.1SUZUKI Endurance Racingが途中転倒に見舞われ後退。1ポイント差でランキング2位につけていたNo.94 GMT94 YAMAHAが総合11位に入りチャンピオンを獲得した。

今年は4メーカーによる激戦が予想されていたが、終わってみればどのチームよりも早いアベレージで周回し、ノーミス・ノートラブルで8時間を乗り切った21番ヤマハファクトリーが40回記念の舞台で栄冠を勝ち取ることになった。

©︎KANSENZYUKU

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-7-6

    【2017F1日本GP】7月9日(日)から西エリアチケット・金曜日券を販売開始

    鈴鹿サーキットは7月9日(日)10:00からF1日本グランプリ「西エリアチケット」および「金…
  2. 2017-6-27

    【2017F1日本GP】F1日本グランプリ まだまだ間に合う特設キャンプエリア予約受付中!

    F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…
  3. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. F1日本グランプリの応援スタイルと言えば「コスプレ」と言っても過言ではないくらい、応援スタイ…
  2. 2017年の全日本スーパーフォーミュラ選手権の第4戦がツインリンクもてぎで行われ、ピエール・…
  3. ©︎Red Bull モータースポーツと学生をつなぐイベントの一環として、関西の各大学が中…
  4. 今年もSUPER GTのGT500クラスに参戦するレクサス勢のドライバーによるファンイベント…
  5. 8月26・27日に鈴鹿サーキットで開催されるSUPER GT第6戦鈴鹿1000kmを前に、ス…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る