【2014ル・マン24h】大クラッシュに見舞われたデュバルが自身のTwitterで無事を報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 日本時間の今夜決勝レースがスタートする2014年のル・マン24時間耐久レース。レースウィークの初日に行われたフリー走行で大クラッシュに見舞われた1号車アウディのロイック・デュバルが、自身の公式Twitterで笑顔の写真とともに、改めて無事であることを報告した。

ロイック・デュバル公式Twitter

 フリー走行開始1時間を過ぎたところで、サルトサーキット後半の高速コーナー「ポルシェカーブ」でコントロールを失い、時速270km以上のスピードが出た状態でコース脇のバリアに激突。手前にあったコンクリートウォールを飛び越え防護フェンスもなぎ倒すほど大きなクラッシュとなった。マシンはリア部分を中心に原型を留めないくらい大破。直後に映された事故現場での映像では、コックピットのルーフ部分も一部壊れており、そこからデュバルの黄色いヘルメットが確認できるほどだった。

 これほど大きなインパクトで、マシンも粉々になっており、乗り込んでいたデュバルが生命の危機にあるのではないかと心配された。

 しかし、駆けつけたマーシャルとレスキューチームに救出されたデュバルは奇跡的に軽傷で、意識もあったとのこと。念のため市内の病院に搬送されたが、骨折等があったという報告はあがっていない。ただ週末のレースは大事をとって欠場。代役はマルク・ジェネが務めることになった。

 退院したデュバルは、自身のTwitterに笑顔の写真とともにファンに改めて自分が無事であることを報告。「皆からの温かいメッセージに、心から感謝している。体は大丈夫だし、またすぐサーキットに戻るよ」と力強いコメントを残した。

 今週のル・マンは残念ながら欠場となったが、次回は7月12,13日の全日本選手権スーパーフォーミュラ第3戦が控えている。同レースへの参戦がどうなるかは、まだ正式には発表されていないが、1日でも早くデュバルがサーキットに帰ってくることを心から願いたい。

ロイック・デュバル公式Twitter

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 東京・お台場で開催される恒例のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2018 フ…
  2. 今年も東京・お台場で4月14・15日に開催される「モータースポーツジャパン2018 フェステ…
  3. [table id=81 /]…
  4. 2018年のピレリ スーパー耐久第1戦「SUZUKA“S耐”春の陣」の決勝が4月1日に行われ…
  5. 2018年のモータースポーツシーズンがいよいよスタート。国内4輪のビックレースの一つであるピ…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る