【WEC】第4戦オースティン:突然の豪雨で波乱の展開に…2号車アウディが優勝、トヨタは3位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Audi Sport
©Audi Sport

 2014年のFIA世界耐久選手権の第4戦がアメリカ・オースティンにあるサーキット・オブ・ジ・アメリカズで決勝が行なわれ、マルセル・ファスラー/アンドレ・ロッテラー/ブノワ・トレルイエ組の2号車アウディR18-eトロン クワトロが優勝した。

 6月のルマン24時間から約3ヶ月ものインターバルを経て、シリーズも後半戦に突入。今回は6時間耐久で行われる。前日の予選ではアンソニー・デビッドソン/ニコラス・ラピエール/セバスチャン・ブエミ組の8号車トヨタTS040ハイブリッドがポールポジションを獲得。決勝も序盤から逃げを打つ展開となった。一方、2台体制で挑むアウディ勢は、ポルシェ919ハイブリッドとの激しいバトルを展開。何度も順位を入れ替えながら周回を重ねていく。

 しかしスタートから1時間30分を経過したところで突然大粒の雨が降り出す。これに足元をすくわれたのはトップの8号車トヨタ。12コーナーでコースオフを喫し、グラベルに埋もれてしまう。この間に2号車アウディがトップに浮上。この直後に天候悪化のため赤旗が出され、約50分間に渡ってレースは中断となる。

 再開後はアウディ勢が主導権を握る展開。ポルシェ勢との争いから頭ひとつ抜けだした2号車が終始安定した走りをみせ、157周を走破し優勝。ルマンに続いて連勝を飾った。2位にはルーカス・ディグラッシ/ロイック・デュバル/トム・クリステンセン組の1号車アウディ、3位には途中のコースアウトが大きく響いた8号車トヨタが追い上げて表彰台の一角を死守した。

 また日本のスーパーGTで活躍する松田次生が乗り込んだ47号車KCMGオレカ03RニッサンがLMP2クラスで優勝を果たしている。

 次回はいよいよ日本ラウンド。10月10〜12日に静岡県の富士スピードウェイで6時間耐久で争われる。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. [table id=76 /]…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  3. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  4. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  5. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る