【INDY】佐藤琢磨、第8戦デトロイトで2年ぶりとなる2位表彰台を獲得!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©INDY CAR
©INDY CAR

 2015年のVERIZONインディカー・シリーズ第8戦の決勝がデトロイトのベルアイル・ストリートコースで行われ、佐藤琢磨(AJフォイト・レーシング)が見事2位表彰台を獲得した。

 今週末はベルアイルを舞台にダブルヘッダーでのレースとなり、現地時間の30日に行われた第7戦(Race1)では今季ベストの4番手からスタート。ウエット路面の中、序盤はトップ快走のシーンもみせるが、フルコースコーション時のピットタイミングが上手く行かず8番手に後退。その後も他車との接触があり、結局11位フィニッシュと悔しい結果に終わった。

 続いて現地時間の31日に行われた第8戦(Race2)。予選は悪天候によりキャンセルされ後方15番手からのスタートとなった琢磨。序盤から少しずつ順位を上げ2回目のピットストップを終えて11番手。その後はリスタートごとに順位をあげ、50周目には4番手まで浮上する。その後、前を走るマシンにブロッキングのペナルティが与えられ3番手に浮上すると、終盤の最後のリスタートでファン・パブロ・モントーヤをパス。最後は怒涛の追い上げをみせ、2013年のサンパウロ以来となる2位表彰台を獲得した。なおRace1はカルロス・ムニョス、Race2はセバスチャン・ブルデーが優勝を飾った。

 2013年のロングビーチでの初優勝。その翌戦サンパウロでの2位以降、不運続きでなかなか好結果を残すことが出来なかった琢磨。今シーズンも苦戦を強いられていたが、その悪い流れを断ち切る2位チェッカーとなった。

©INDY CAR ©INDY CAR
©INDY CAR

佐藤琢磨コメント(Honda リリースより)
「本当に長いレースでした。しかし、ファンタスティックなバトルを戦えました。寒い中、サーキットでレースを最後まで見てくれていたファンの皆さんには、インディカーのバトルを楽しんでもらえたことと思います。今日は路面に油が出ていたのか、オーバーテイクが難しいコンディションになっていました。しかし、チームの考え出したピットタイミングがよかった上に、クルーたちがすばらしいピット作業を繰り返し施してくれたことで、1つずつ着々と順位を上げていくことができました。今日は何回リスタートを行ったのかを覚えていないぐらいですが、どれもエキサイティングでした。特に最後の数回でいいダッシュを決めることができ、何台かをパスしました。優勝まであと一歩でしたが、チームにとって大変よい結果を今日は残せたと思います」

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. 2017年のSUPER GT富士合同テスト。2日目のセッションは残念ながら降雪により走行がキ…
  2. 2017年のSUPER GT開幕まで2週間となった25日、富士スピードウェイでスタート。初日…
  3. 今年も東京モーターサイクルショーが行われている東京ビックサイトで、「2017コカ・コーラ鈴鹿…
  4. ©︎Pirelli いよいよ、2017年のF1世界選手権が24日、オーストラリアのメルボル…
  5. 2017年のSUPER GT開幕を2週間後に控えた3月25・26日に今季2回目となる公式合同…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る