【INDY】佐藤琢磨、第8戦デトロイトで2年ぶりとなる2位表彰台を獲得!

©INDY CAR
©INDY CAR

 2015年のVERIZONインディカー・シリーズ第8戦の決勝がデトロイトのベルアイル・ストリートコースで行われ、佐藤琢磨(AJフォイト・レーシング)が見事2位表彰台を獲得した。

 今週末はベルアイルを舞台にダブルヘッダーでのレースとなり、現地時間の30日に行われた第7戦(Race1)では今季ベストの4番手からスタート。ウエット路面の中、序盤はトップ快走のシーンもみせるが、フルコースコーション時のピットタイミングが上手く行かず8番手に後退。その後も他車との接触があり、結局11位フィニッシュと悔しい結果に終わった。

 続いて現地時間の31日に行われた第8戦(Race2)。予選は悪天候によりキャンセルされ後方15番手からのスタートとなった琢磨。序盤から少しずつ順位を上げ2回目のピットストップを終えて11番手。その後はリスタートごとに順位をあげ、50周目には4番手まで浮上する。その後、前を走るマシンにブロッキングのペナルティが与えられ3番手に浮上すると、終盤の最後のリスタートでファン・パブロ・モントーヤをパス。最後は怒涛の追い上げをみせ、2013年のサンパウロ以来となる2位表彰台を獲得した。なおRace1はカルロス・ムニョス、Race2はセバスチャン・ブルデーが優勝を飾った。

 2013年のロングビーチでの初優勝。その翌戦サンパウロでの2位以降、不運続きでなかなか好結果を残すことが出来なかった琢磨。今シーズンも苦戦を強いられていたが、その悪い流れを断ち切る2位チェッカーとなった。

©INDY CAR ©INDY CAR
©INDY CAR

佐藤琢磨コメント(Honda リリースより)
「本当に長いレースでした。しかし、ファンタスティックなバトルを戦えました。寒い中、サーキットでレースを最後まで見てくれていたファンの皆さんには、インディカーのバトルを楽しんでもらえたことと思います。今日は路面に油が出ていたのか、オーバーテイクが難しいコンディションになっていました。しかし、チームの考え出したピットタイミングがよかった上に、クルーたちがすばらしいピット作業を繰り返し施してくれたことで、1つずつ着々と順位を上げていくことができました。今日は何回リスタートを行ったのかを覚えていないぐらいですが、どれもエキサイティングでした。特に最後の数回でいいダッシュを決めることができ、何台かをパスしました。優勝まであと一歩でしたが、チームにとって大変よい結果を今日は残せたと思います」

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る