【SF】2016公式合同テスト:2日目はウエットで赤旗連発。トムス勢がワンツーを獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

 2016年の全日本スーパーフォーミュラ選手権の第2回公式合同テストの2日目が行われ、ウエットからドライに変わっていく難しいコンディションの中、中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)がトップタイムを記録した。

 前日とは打って変わり、朝から雨模様となった岡山国際サーキット。午前中はウエットコンディションとなったが路面温度も低く、また新しくなったヨコハマタイヤのレインタイヤについても、まだ煮詰め切れていないところがあるようで、ドライバーたちも扱いに苦労している様子。コースオフする車両が今回も多発し、赤旗中断が何度も起きる事態になった。

 午後になると雨も上がり、セッション中盤からスリックタイヤを装着するチームも出始め、一気にペースアップ。最後の10分で各車が新品タイヤに履き替えて予選のシミュレーションを行うと1分13秒台までタイムが伸びた。1周3.703kmと短いためタイム差もつきにくいが、それでも今年のSFはドライバー間の差がほとんどなく、終わってみればトップ14台が1秒以内。Q3進出圏のトップ8は0.7秒以内にひしめくリザルトとなった。

 トップタイムを記録したのは一貴。昨年は開幕前のテストはWECテストと重なり欠席。さらに第2戦もWECでのクラッシュにより欠場と、他のドライバーより走行している機会は少ないサーキットだったが、最後は1日目の上位陣とほぼ変わらない1分13秒368をマーク。2番手には僚友のアンドレ・ロッテラーが0.2秒差でつけ、今年からスポンサーが変わりカラーリングも一新されるトムス勢がワンツーを占めた。

 3番手にはジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)、4番手に小林可夢偉(SUNOCO Team LeMans)がつけ、トヨタエンジン勢がトップ4独占。ホンダ勢トップは山本尚貴(TEAM無限)の5番手だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. ©︎TOYOTA 1月19日に開幕した2017年のWRC開幕戦ラリー・モンテカルロ。18年…
  2. SUPER GTに参戦するGAINERは21日、2017年の参戦体制を発表した。 20…
  3. 鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…
  4. ©︎MOBILITYLAND 今年も10月6・7・8日に鈴鹿サーキットで開催される2017…
  5. ©︎Red Bull レッドブルの若手育成チームである「レッドブル・ジュニア・チームは18…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る