【SF】2016公式合同テスト:2日目はウエットで赤旗連発。トムス勢がワンツーを獲得

©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

 2016年の全日本スーパーフォーミュラ選手権の第2回公式合同テストの2日目が行われ、ウエットからドライに変わっていく難しいコンディションの中、中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)がトップタイムを記録した。

 前日とは打って変わり、朝から雨模様となった岡山国際サーキット。午前中はウエットコンディションとなったが路面温度も低く、また新しくなったヨコハマタイヤのレインタイヤについても、まだ煮詰め切れていないところがあるようで、ドライバーたちも扱いに苦労している様子。コースオフする車両が今回も多発し、赤旗中断が何度も起きる事態になった。

 午後になると雨も上がり、セッション中盤からスリックタイヤを装着するチームも出始め、一気にペースアップ。最後の10分で各車が新品タイヤに履き替えて予選のシミュレーションを行うと1分13秒台までタイムが伸びた。1周3.703kmと短いためタイム差もつきにくいが、それでも今年のSFはドライバー間の差がほとんどなく、終わってみればトップ14台が1秒以内。Q3進出圏のトップ8は0.7秒以内にひしめくリザルトとなった。

 トップタイムを記録したのは一貴。昨年は開幕前のテストはWECテストと重なり欠席。さらに第2戦もWECでのクラッシュにより欠場と、他のドライバーより走行している機会は少ないサーキットだったが、最後は1日目の上位陣とほぼ変わらない1分13秒368をマーク。2番手には僚友のアンドレ・ロッテラーが0.2秒差でつけ、今年からスポンサーが変わりカラーリングも一新されるトムス勢がワンツーを占めた。

 3番手にはジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)、4番手に小林可夢偉(SUNOCO Team LeMans)がつけ、トヨタエンジン勢がトップ4独占。ホンダ勢トップは山本尚貴(TEAM無限)の5番手だった。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る