【WEC】トヨタ、2017年ル・マンは3台体制!WTCC王者ホセ・マリア・ロペスが加入しフル参戦!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita

トヨタは2日、2017年のWEC(世界耐久選手権)及びル・マン24時間レースの参戦体制を発表。昨年の雪辱を果たすべく、新体制で臨むことを明らかにした。

昨年、トヨタはル・マン優勝に焦点をあてて参戦。その目標通り、決勝では終盤まで力強い走りをみせたが、残り3分でトップを走ってい5号車がまさかのストップ。優勝目前というところで、涙をのんだ。

今年は何としても優勝をつかむべく、第2戦スパと第3戦ル・マンでは3台体制にすることを決定。WECのシリーズフル参戦に関しては、これまで通り2台体制のままとなる。

©T.Yoshita

そのドライバーだが、少々驚きのものとなった。カーナンバー未発表だが、1台目は昨年の5号車同様にセバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン/中嶋一貴の布陣。2台目にはマイク・コンウェイ/小林可夢偉に加えて、昨年WTCCでチャンピオンを獲得したホセ・マリア・ロペスの加入。LMP1のワークスチームからフル参戦することになる。

©T.Yoshita

そして第2・3戦のみスポット参戦する3台目はステファン・サラザンのみが決定しているが、残る2名のドライバーについては未発表。おそらく後日明らかになりそうだ。

発表で挨拶した嵯峨専務は「我々は負け嫌い。今年は是非雪辱を果たしたいです」と力強くコメント。早くも「必勝」という気迫が伝わって来る体制発表となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2018-9-25

    【2018F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…

最近の記事

  1. いよいよ今週末開幕する2018F1日本グランプリに向け、続々とドライバーたちが来日。舞台とな…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…
  3. 10月5日~7日に開催される2018F1日本グランプリ。毎年、決勝日には多数の観客が鈴鹿サーキットに…
  4. 毎年、F1日本グランプリ期間中に鈴鹿サーキットからJR鈴鹿サーキット稲生駅方面のサーキット道…
  5. 10月4日(木)~8日(月・祝)に開催されるF1日本グランプリに向けて、「5807分の1サポーター」…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る