【SGT】2014最終戦もてぎ:MOTUL AUTECH GT-Rが優勝し、逆転チャンピオンを獲得!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2014年のSUPER GT最終戦もてぎ。注目の決勝レースがツインリンクもてぎ(栃木県)で行われた。GT500クラスは5台のマシンがチャンピオン争いに絡む混戦。全てが決まる最終戦は、明暗が別れるレースとなった。

 昨日の予選でポールポジションを獲得したNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(ロニー・クインタレッリ)が好スタートを決め1コーナーへ。2位にNo.46 S Road MOLA GT-R(柳田真孝)、3位にNo.18 ウイダーモデューロNSX CONCEPT-GT (山本尚貴)が順当に続いていく。しかし後方では早くも波乱が発生。1つめのアンダーブリッジを超えた130RでNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)とNo.36 PETRONAS TOM’S RC F(ジェームス・ロシター)が接触。12号車はコースオフし後退。さらに接触行為のペナルティを取られ一気に後退してしまう。ポイントリーダーの36号車ロシターも接触の影響でマシンにダメージを負い、ペースが上がらず順位を落としていってしまう。

 さらに2位を走る46号車の柳田はイエローフラッグが振られている区間で追い越しをしてしまいペナルティ。序盤はペースよく走っていた3位の18号車も23周目のピットインした際、ドライバー交代をした伊沢拓也が痛恨のエンジンストール。GT500クラスは波乱に次ぐ波乱で順位が目まぐるしく変わっていった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 そんな中、トップを走る23号車は順調に周回を重ねていく。後半スティントを担当した松田も安定したペースで走っていく。後続の混乱の隙に予選Q1敗退と出遅れてしまったNo.37 Keeper TOM’S RC F(伊藤大輔/アンドレア・カルダレッリ)が2位に浮上するが、その時点で40秒近い差がついており、37号車に逆転の余地はなかった。

 全車がドライバー交代を終えた終盤。3位争いが白熱する。タイヤ無交換作戦で3位まで浮上したNo.19 WedsSport ADVAN RC F(脇阪寿一)だったが、徐々にペースが落ち4位No.24 D’Station ADVAN GT-R(ミハエル・クルム)に加え5位に下がった18号車の伊沢が接近。ダウンヒルストレートや3コーナーまでの直線で3ワイドになるなど、詰めかけたファンを釘づけにするバトルを演じた。

 自らのエンジンストールで大きくロスをしてしまった伊沢は、何としてもポジションを取り戻そうと意地の追走をみせ、クルム、脇阪を次々と抜き残り8周で3位浮上。NSX CONCEPT-GTでの初レースとは思えないほどのパフォーマンスを発揮。これにはピットで見守っていた山本もガッツポーズで喜んだ。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 結局、スタートから終始安定した走りでトップを快走した23号車がそのままトップチェッカー。ランキング首位だった36号車が10位に沈んだため、逆転でシリーズチャンピオンを獲得。2位に37号車の伊藤/カルダレッリ組が入り、3位に18号車の山本/伊沢組が入った。

 パルクフェルメに戻ってきた松田。自身にとっては念願のSGT初タイトルだった。マシンから降りてヘルメットを脱ぐと、すでに涙を流して悲願の初チャンピオンを喜び、今年パートナーを組んだクインタレッリを笑顔で抱き合った。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る