【ビギナー観戦塾】2015SGT第2戦富士:初観戦の方は必見!ゴールデンウィークのSUPER GT観戦を2倍・3倍楽しもう!(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

いつもビギナー観戦塾をご覧いただきありがとうございます!

今週末はSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」が開催されますね。毎年、ゴールデンウィーク期間中に開催され、多くのファンで賑わうことでも有名。また舞台も首都圏から近い富士スピードウェイ(静岡県)ということで、このレースだけは観に行こうと考えている方も多いでしょう。もちろん、今回初めてサーキットに観戦に行こう!と計画されている方もいらっしゃるはずです。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

そこで今回は、ゴールデンウィークの富士ラウンドをいつもより2倍・3倍楽しんで観戦していただくためのポイントを初心者ファン目線でご紹介していきたいと思います。特に初めてサーキットへ行く方、SGT観戦される方は是非参考にしてみてくださいね!

【パドックパスをさらに有効活用!】
富士戦のみならずSGTでは大人気で、完売になることもあるパドックパス。ピットのすぐ裏側「パドックエリア」に行けるということで、よりレースの現場に近づいて臨場感を味わうことが出来ますしドライバーやチーム監督、レースクイーンに会うことできます。またピットウォークは両日とも参加可能なので、それを目当てに購入されている方も多いでしょう。

でも!パドックパスには、これ以外にも特典があるのです!
それが予選日の朝に行なわれる「オープンピット」です。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

今週末ですと2日(土)の7時00分〜7時45分に行なわれるイベントで、パドックパスをお持ちの方限定でピットレーンを解放するというもの。一見ピットウォークと同じように思われがちですが、実はこの時間は簡易車検が各ピット内で行われ、全チームともピット前にマシンを少し出さなきゃいけないんです。

つまり、間近でマシンを見放題!写真撮り放題!通常のピットウォークですと、レースクイーンが立ったり、ドライバーのサイン会があって色々のピット前がごちゃごちゃしてますよね。さらに予選・決勝まで各チームとも絶賛メンテナンス中。なかなかボンネットが閉まった状態の間近で観ることはできません。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

それが、このオープンピットではタイヤは外されているものの、ボンネットが付いている状態で超間近で見ることが出来ます。「クルマを近い場所で見たい!」という方はお勧めのイベントなのです。

注意していただきたいのは、オープンピットは予選日(2日)のみの開催。しかも7時00分〜7時45分と非常に早い時間の開催となります。早起きが必要ですが、ピットウォークと比べると比較的空いているので、是非参加してみてくださいね!

【お子様連れのご家族は絶対必見!!キッズピットウォーク】
ゴールデンウィークの富士戦といえば、とにかく盛り上がることで有名ですが、ピットウォークは超満員で満足に色々なチームのピットに回れなかったりしますよね。特に小さなお子様を連れている親御さんは参加を見送っているケースも多いと思います。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

でも!SUPER GTでは、そんなご家族の方や子供たちに少しでもレースの魅力に触れてもらうため、キッズ限定のピットウォーク「GTキッズピットウォーク」を毎戦開催しています。

対象となるのは、中学生以下のお子様+保護者の方。参加費はなんと無料!もちろんパドックパスの有無も関係ないので、通常のレース観戦券があれば参加可能のイベントなのです!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

通常のピットウォーク同様にドライバーが出てきてサイン会も行なってくれますし、限定のグッズなども配っていて、毎回参加している子供たちは色々なピットへ行って、自分の手で持ちきれないくらいのグッズをもらっていたりしますね。さらにチームによってはピット作業の練習をしていたりするので、これも一石二鳥!

こちらも開催は予選日(2日)のみ。時間も17時35分からと遅い時間ですが、1日サーキットでのレース観戦を満喫して、さらに最後のお楽しみとして是非参加してみてください!

©KANSENZYUKU

いかがだったでしょうか?
もちろん、知っておくと楽しくなる情報や観戦ポイントはまだまだたくさんあります!
続きは第2弾でご紹介していきたいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る