【INDY】2015第7戦デトロイト(Race1):佐藤琢磨、今季最高の4番グリッドを獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©INDY CAR
©INDY CAR

 2015年のVERIZONインディカー・シリーズ第7戦デトロイト(Race1)で、佐藤琢磨(AJフォイト・レーシング)が今季最高の予選4番手を獲得した。

 今シーズンは開幕戦で予選5番手に食い込んだものの、決勝では不運なトラブルやアクシデントに見舞われることが多く、最高位はインディアナポリス(ロードコース)での9位。先週に決勝が行われた伝統のインディ500でも予選はタイミングが噛み合わず27番手と後方に沈み、決勝も13位。渡米6シーズン目は序盤から苦戦が強いられている。

 そんな中、迎えたデトロイト・ベルアイルでのダブルヘッダー1戦目。ホンダエンジン勢では唯一ファスト6に進出すると、1分16秒5363をマーク。今季最高の4番手を獲得した。なおポールポジションは昨年王者のウィル・パワー(チーム・ペンスキー)だった。

 決勝レースは日本時間の31日午前4時50分からスタート。琢磨以外、上位4列は全てシボレーエンジンが占めており、トップ3はパワーに加え、エリオ・カストロネベス、ファン・パブロ・モントーヤと強者揃い。今回もタフなレースになりそうだが、今季初の表彰台に好ポジションを獲得した琢磨。決勝レースの走りに注目だ。

佐藤琢磨コメント(Hondaリリースより)
「今日の予選で私たちのチームはとてもよい走りができ、ファイナルセグメントを戦うことができました。今シーズンの私たちは開幕戦セント・ピーターズバーグで一度トップ6入りをしており、今日こうして再びトップ6に入ることができ、とてもうれしかったですね。今日はマシンのハンドリングがよかったです。特に、予選の第1セグメントでのマシンがすばらしかった。HondaとHPDがマシンを速くするべく努力を続けてきてくれているおかげです。その上、私たちのチームはレースに向けたマシンの準備も順調に進めることができています。土曜日に行われる今週最初のレースが楽しみです」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 東京・お台場で開催される恒例のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2018 フ…
  2. 今年も東京・お台場で4月14・15日に開催される「モータースポーツジャパン2018 フェステ…
  3. [table id=81 /]…
  4. 2018年のピレリ スーパー耐久第1戦「SUZUKA“S耐”春の陣」の決勝が4月1日に行われ…
  5. 2018年のモータースポーツシーズンがいよいよスタート。国内4輪のビックレースの一つであるピ…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る