【F1】2015イタリアGP:レースレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Pirelli
©Pirelli

 2015年のF1第12戦イタリアGP。注目の決勝レースが6日、イタリアのモンツァサーキットで行われた。

 ポールポジションは今回もルイス・ハミルトン(メルセデス)。2番手には今季ベストグリッドとなるキミ・ライコネン(フェラーリ)がつける。しかしスタートでは明暗が分かれ、好ダッシュをみせたハミルトンに対し、ライコネンはクラッチミートが上手く行かずアンチストールシステムが作動。最後尾近くまで順位を落とす。この真後ろにいたニコ・ロズベルグ(メルセデス)も影響を受け後退してしまう。

 これで2位に浮上したのがセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)。ハミルトンを追いかけようとするが、今回も現王者は絶好調。あっという間に後続を引き離していく。一方チームメイトのロズベルグはウイリアムズ勢2台とのバトルからスタート。真後ろに迫るとブレーキの冷却に影響が出てしまうなど難しいレース運びを強いられてしまう。

 この状況を打破するべく18周終わりでいち早くピットイン。アンダーカットを仕掛け見事ウイリアムズ2台の逆転に成功し3位に浮上する。

 トップ争いは完全にハミルトンの独走状態。26周目にピットストップを終え2位ベッテルとの差は18秒。このまま行けば楽勝ムードといったところだったが、残り10周を切ってメルセデスのピットが慌ただしくなり、無線でもハミルトンにペースを上げるよう指示が飛ぶ。実はFIAが全マシンのタイヤの内圧をチェックしており、サプライヤー(ピレリ)側が指定していた数値よりもハミルトンのタイヤの内圧が下回っており、これについてペナルティを適用するか否かの審議がかけられることになったのだ。

 もしペナルティとなれば25秒加算。つまりベッテルに対し25秒以上のリードを築くことが求められていた。ハミルトンは一気に1秒近くペースを上げ1分26秒672のファステストラップを48周目にマーク。ベッテルとの差をさらに広げていく。

 さらに残り3周というところでメルセデス勢に不運が。ベッテルの背後まで迫っていた3位ロズベルグのマシン後部から炎が上がりストップ。記録上は完走扱いとなったが、チャンピオン争いで1ポイントも落とせない重要な局面で、痛恨のノーポイントに終わってしまった。

©Pirelli
©Pirelli

 こう着状態の中盤から波乱含みの終盤というレース展開になったが、ハミルトンがそのままトップチェッカー。通算でも40勝目となり、あのアイルトン・セナの歴代3位タイ記録(41勝)まであと1勝となった。2位にはベッテルが入り、フェラーリ加入初年度で見事地元モンツァで表彰台を獲得。3位にはフェリペ・マッサ(ウイリアムズ)が入った。

 なおハミルトンの審議についてはレース後の調査の結果「お咎めなし」となり、特にペナルティ等もなく正式結果として確定した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る