【SGT】ハイブリッド非搭載となる2016NSX CONCEPT-GT、その影響は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 12日に2016年の国内モータースポーツ体制を発表したホンダ。中でも一番変化があったのがSUPER GTだ。今年から北米を皮切りに市場投入が始まっていく市販型NSXと同様にGT500車両もNSX CONCEPT-GTにも搭載されていたハイブリッドシステムが今年から非搭載になるというもの。

 当初、2014年にGT500の車両規則がDTMと統一された際、フラッグシップカーのNSXを参戦車両としたいホンダはベースの規定とは異なるミッドシップレイアウトとハイブリッドシステムを導入。当時も様々な議論を呼んだ。しかし、2014年は熱害対策やハイブリッドがうまく機能しないトラブルなどに悩まされ低迷。さらに開発を進めて臨んだ2015年も、約50kg以上あるハイブリッドシステムが影響してなかなか有利に戦えないという声も聞こえていた。

 今年に入ってからハイブリッド非搭載でテストをしているという情報が入り、今年はシステムを降ろすのではないかと噂されてきた。そして、12日の体制発表で正式に「非搭載」がアナウンスされた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 ここまでの流れを見ると、2年間の不振から脱出するための決断のようにも見えるが、プロジェクトリーダーの松本雅彦氏は、ハイブリッド非搭載に至った経緯をこのように話した。

 「バッテリーサプライヤーから、バッテリーの供給が非常に難しくなったと連絡がきまして、我々でも他の代替え案としてバッテリーを製作・開発をするということも考えました。開発の期間、費用も含めて非常に厳しいという判断になりました。よって今年から非搭載でやむなく参戦することになりました」

 今回の非搭載は、バッテリーの供給に関する事情が絡んでおり、やむなくの決断だったとのこと。しかし、これでライバル車とほぼ同じ車体重量になるためパフォーマンスが上がるの確実とみられている。しかし松本氏は慎重な意見を述べた。

 「もともとハイブリッドを搭載して重量が増える分、アシストして良いというレギュレーションの中で重量分だけはアシストしていたわけですが、今後はハイブリッドを降ろすことになれば21kwのアシストもなくなってしまうので、戦闘力ではプラス側にもマイナス側にもなりません。今年の開発ポイントとしてはハイブリッドを降ろして重量が軽くなった状態でのバランスをどうとっていくかが重要だと考えています」とのこと。

 またハイブリッドを外すことで、純粋なミッドシップレイアウトになればNSXが有利になる可能性は高く、他社からも何かしらの意見が出てくるだろう。もちろん50kgも重量が変わってくればマシンバランスも変わる。それを踏まえてベストなセッティングを開幕戦までに導き出せるのかも大きな鍵を握ってくることになる。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 いずれにしても2010年の小暮卓史/ロイック・デュバル組以来チャンピオンから遠ざかっているホンダ勢。今年は100号車に山本尚貴/伊沢拓也組、17号車にも塚越広大/小暮卓史組とホンダのエースを一極集中させた布陣で必勝体制を築いた。

 「何が何でもタイトル奪還」という強い決意が見られた体制発表。果たして今シーズンはどのような展開になっていくのか、目が離せない。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…
  2. 2017-5-3

    【SGT】2017第2戦富士:予選日開幕!早くも昨年を大きく上回る賑わいに

    2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」が3日、富士スピード…

最近の記事

  1. 2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」。GT300クラスは…
  2. 2017年のスーパーGTシリーズ第2戦の決勝レースが4日、富士スピードウェイで開催。GT50…
  3. 第40回目の記念大会となる鈴鹿8時間耐久ロードレース。今年は10代から20代に向けた、レース…
  4. ©︎H.Yoshii 2017年のSUPER GT第2戦富士。注目の公式予選が3日、富士ス…
  5. 2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」が3日、富士スピード…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る