【SGT】2015年版NSX CONCEPT-GTについて、松本プロジェクトリーダーが説明「セパンテストで熱害の対応済み、車体面も弱点をなくす」

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 13日に東京・青山のホンダ本社で行われた2015年のホンダ国内モータースポーツ体制発表。そこに出席したホンダ勢のSGTプロジェクトリーダーを務める松本雅彦氏が今季仕様のNSX CONCEPT-GTについて説明してくれた。

 DTMと統一された新規定を機に、ベース車両のNSX CONCEPTに変更。唯一エンジンが後方に搭載されている「NSX CONCEPT-GT」を開発。しかし、第2戦富士で5台中4台がリタイア、シーズンを通しても第5戦富士で1勝したのみという厳しい結果に終わったNSX CONCEPT-GT勢。苦戦した原因は「熱害」だったという。ターボエンジンなどで発生する熱が車体内部にこもってしまい、マシンに不具合を起こしてしまうもの。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 昨年の苦戦を振り返った松本氏は「開発の時間が足りなかったのが原因の一つでした。オフシーズン中にセパンなど温かいところでテストができてなかったことが、シーズン開幕以降に響きました。その反省を生かして今年はすでにセパンでテストをし、熱害に対する対応も済んでいます」

 また車体面に関しての変更点だが、現行のDTM統一レギュレーションではモノコックやリアウイングを始め全メーカーが半分以上の同一パーツを使用しなければならない。そのため、独自で空力性能の向上をさせるなど大幅な進化は難しい状態にある。

 「現行のレギュレーションでは触れる範囲が少なくで、09年規定だと空力性能が10%良くなることがあったんですが、今年はそこまで性能アップは厳しいと思います。ただエンジンについては自由に開発できますし、現行の2リッター4気筒直噴ターボエンジンはまだまだ開発できる部分があると思っています。そこをもっと煮詰めていきたいなと考えています。」

 「昨年はクルマの跳ねが多いことが見受けられたので、足回りと空力とのバランスをもう一度見直して、車体面に関しても弱点だった部分をなくしていきたいと考えています。」

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 現時点では昨年の苦しいレース展開を強いられていたNSX CONCEPT-GTのイメージばかり残っているファンも多いかもしれないが、昨年の反省点を踏まえて着実に前進している雰囲気を今回の発表会で感じることが出来た。

 会場にはテスト車両のNSX CONCEPT-GTが展示されていたが、フロントグリルは昨年中盤から導入したものだったが、先日の岡山国際サーキットでテストを行なっていたとのことだが、そこでも新しいフェンダーやサイドスカートなど開発が許されている外装パーツなどは確認できなかった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 実際には最終形態となる2015年版がお目見えするのは3月中旬の岡山公式テストになるかもしれないが、その時にはどれだけ進化したマシンが登場するのか、今から楽しみだ。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る