【SGT】ホンダが早くも2017年ドライバー体制を発表、小林崇志がGT500復帰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

東京オートサロン2017が開催されている幕張メッセで13日、ホンダが2017年のSUPER GT参戦体制を発表。例年より1ヶ月早く全5台のドライバーズラインナップが明らかになった。

すでに昨年12月に新規で加わるTEAM無限とナカジマレーシングの体制を発表。残る3チームの状況についても様々な噂が上がっていたが、結局のところはドライバー体制面で大幅な変更はなく、KEIHIN REAL RACINGは昨年同様に塚越広大と小暮卓史、チームクニミツも山本尚貴と伊沢拓也のコンビ。エース格の2チームは体制は変わらない。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

一つ注目だったのは、鈴木亜久里監督率いるARTA。野尻智紀の新パートナーに小林崇志を起用することになった。ここ数年はGT300で戦い、昨年はチャンピオン争いに絡む活躍を見せた。2012年以来のGT500復帰となるだけに再び小林らしいアグレシッブな走りに期待したい。

なお、TEAM無限は武藤英紀/中嶋大祐、ナカジマレーシングはベルトラン・バケット/松浦孝亮という布陣になる。

昨年は大苦戦を強いられシーズン0勝に終わったホンダ陣営。今年は新型NSXをベースにしたNSX-GTを導入し、巻き返しを図る。さらにタイトルを何としても奪還すべく開発拠点となる研究所の体制も見直すことに。昨年までスーパーフォーミュラのプロジェクトリーダーを務めていた佐伯昌浩氏がSGTのプロジェクトリーダーを担当することになった。

ここ数年は負けが込んでいるホンダ勢だが、この新体制で今季はどこまで挽回できるか、正念場のシーズンとなりそうだ。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1.   2017モータースポーツファン感謝デーが開催される3月5日(土)、ゲストでもあるジャン・ア…
  2. [table id=64 /] ※このタイムスケジュールは2月21日時点のものです。今後、変更にな…
  3. 日産/ニスモは19日、2017年のモータースポーツ活動計画発表会を開催。各チームの監督、ドラ…
  4. ©︎Williams F1 ウィリアムズが17日、2017年型のF1マシン「FW40」の画…
  5. 日産/ニスモは17日、2017年のモータースポーツ活動計画を発表。注目のSUPER GT(G…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る