【2015鈴鹿ファン感】スーパーフォーミュラ オープニングラップ、優勝は一貴、ルーキー可夢偉は2位

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

鈴鹿サーキットで行なわれているモータースポーツファン感謝デー2日目。この日のメインイベントの一つであるスーパーフォーミュラ オープニングラップが行われた。

来月から開幕するスーパーフォーミュラに参戦する19台のマシンがグリッドに整列。本番さながらのデモレースを行なった。スターティンググリッドは主催者側の決定でポールポジションは中嶋一貴(No.1 PETRONAS TEAM TOM’S)、2番手に野尻智紀(No.40 DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、3番手に小暮卓史(No.8 KYGNUS SUNOCO TeamLeMans)、小暮卓史(No.34 DRAGO CORSE)と並び7周のレースがスタート。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

一番のダッシュを見せたのは可夢偉だったが一貴がなんとかトップを死守。ここから野尻、小暮も加わり4台が毎周順位を入れ替わる白熱したバトルにスタンドにつめかけた観客も興奮した様子。最後は再び一貴がトップを奪い返しトップチェッカー。2位に小林可夢偉が入った。

レース後、マシンを降りたドライバーたちがグランドスタンド前に整列しファンに挨拶。代表して一貴が「今日は50%ぐらいのパフォーマンスでの走行でしたが、来月はもっと凄いバトルが展開されます。是非、皆さんサーキットに観に来てください」とコメント。また可夢偉も挨拶し「ルーキーの小林可夢偉です。今年は年下(チームメイトの平川)に教わりながらのシーズンになりますが、一から学んでベストを尽くせるように頑張ります)とコメント。確かにスーパーフォーミュラではルーキーではあるものの、軽快な可夢偉トークにスタンドも盛り上がっている様子だった。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る